事故車の買取専門業者に依頼をする【車BUYBYE取引】

Car

オーソドックスな車

ブルーバードの後継車種

expensive car

4ドアセダンタイプで日産が販売している有名な自動車といえば、シルフィでしょう。シルフィは、長い間、日産自動車の屋台骨を支えた人気車種、ブルーバードの後継車種として2000年に誕生しました。但し、その時の名称は、ブルーバード・シルフィです。その後、ブルーバード・シルフィの名称のもと、2005年にフルモデルチェンジが行われ、2012年、2度目のモデルチェンジの際にブルーバードの名称がはずれて、シルフィとなっています。ですから、厳密にはシルフィという名称の車は1モデルしか存在していませんが、実際には、3モデル存在していることになります。人気が高い車であり、中古車市場の流通台数も多めです。現在のところ、中古車の台数は3モデルとも同じくらいだと言えます。

シルフィの特徴

特徴として挙げられるのが、オーソドックスな4ドアセダンだということです。ブルーバードの後継車種ですから、オーソドックスであることは当然のことです。但し、ブルーバードの現役時代とは違い、現代は4ドアセダンがオーソドックスではない存在となってしまいましたので、逆に新鮮に感じられる可能性はあります。モデル別に特徴を挙げると、初代は5ナンバーサイズに納まる大きさであり、2代目も若干、大きくはなったものの、5ナンバーサイズをキープしています。サイズが大きくなった分、2代目は初代よりも車内空間が広くなっています。3代目になると、3ナンバーサイズとなります。但し、エンジンの排気量は1.8Lであり、初代、2代目と受け継がれた排気量2.0L以下という原則を守っています。3モデル共通して、基本的に駆動方式はFFです。初代、2代目には4WDもあります。

Copyright © 2015 事故車の買取専門業者に依頼をする【車BUYBYE取引】 All Rights Reserved.